会いに行ける偉人

やきそばかおる

第130回 ラジオの偉人日記(6月〜7月の出来事)

◯深夜3時、東大受験の話私は「適材適所」という言葉が好きだ。「幸せとは何か?」よくラジオでも話題になる話だが、私は自分に合った環境や、人間関係にたどりつくことが幸せ(のひとつ)だと思っている。そんななか、思わず「なるほど」と思ったのが、7月17日に放送された『澤田有也佳のこっそりラジオ』(ABCラジオ 土曜27時〜27時30分)での東大教育学部出身の澤田アナのトーク。澤田アナは数学が大の苦手で酷い時は試験で0点から5点しかとれなかったという。そんな澤田アナが『ドラゴン桜』(TBS)に関連して東大の試験とほかの大学の試験の違いについて話していた。澤田アナ:『ドラゴン桜』では桜木先生が勉強方法を性格によって“拡散型”と“保全型”のどちらかを選んだ方がいいと話したんですけど、まさにめちゃめちゃ大事だなと思って。自分の強みや弱みを知った上で自分に合っ・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。