会いに行ける偉人

やきそばかおる

第127回 ラジオの偉人日記(3月〜4月の出来事)

◯山口県宇部市最近、私が生まれた山口県がキテいる。山口県出身の芸能人といえば、昭和っ子として思い出すのは山本譲二か松村邦洋か、といった具合だった。(ほかに西村知美、芳本美代子、道重さゆみも)それがここにきて、ぺこぱの松陰寺太勇、自衛隊芸人やすこ、ダイヤモンドの小野竜輔、いかちゃんも有名になってきた。もっと細かくいえば宇部市に注目したい。宇部は瀬戸内海に面した人口16万人の工業都市だ。ついでにいえば、私が生まれた山陽小野田の隣りの街だ。その宇部に注目すると『新世紀エヴァンゲリオン』の監督の庵野秀明の出身地ということで、ファンが聖地巡礼に訪れている。監督の作品は宇部の映画館で観たいと、新作が公開されると遠くから宇部の映画館を訪れる人もいるという。新作『シン・エヴァンゲリオン』ではエンドロールでスタンディングオベーションが起きたそうだ。監督は地元に思い入れがあるようで、アニメ作品や実写の作品にち・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。