20年ぶりの「知床」 ヒグマにも遭遇した話

東京オリンピックの終盤を尻目に8月6日から北海道・道北へと3泊4日で「取材」に行ってきた。このエリアに行った理由は、例によって「JALマイレージ特典航空券」で北海道路線の空席がスケジュールと合致したのが、「女満別行きだけだった」からである。1泊目は網走の近く、サロマ湖畔のホテルだったのだが、羽田発が朝7時10分という早朝便だったので、到着後にまずは女満別から美幌峠へと向かった。 過去に3回行ったことがあるが、これまで毎回「ガスっていて」雄大なことで有名な展望を見ることができなかったのだ。今回は晴れているので、網走とは逆方向になるが足を伸ばしてみたのだ。 道の両サイドの農場では、ちょうど乳牛のエサとなる「干し草ロール」を作っている最中だった。大きな畑の中に「チョココロン」みたいな巻かれた牧草が数十個単位で並ぶ光景はこの時期の風物詩である。道中ではロールをてんこ盛りに積んだトラックとひっきりな・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。