2021年4月12日号

1年前にまだこんなにコロナに振り回されているとは思わなかった。最近の日本人は流行が1年以上続くことに慣れていない。流行語大賞は「今年の」だし更に世の中のスピードが早まっているので「コロナ」はもうオワコンでなくてはならないのにそうなっていないことに世の中が戸惑っているように見える。「ステイホーム」も「巣ごもり」ももう恥ずかしくて使えない感じがある。そんなことで「緊急事態宣言」が使えないから「まん延防止条例」が出てきた。違うか。でももう一度効き目のある新しい単語を生み出さないと人は家にいることができないのではないか?ましてやオリンピックはやるのに「外に出るな!」は難しい。本当に「不要不急の外出」以外で外に出て人と接触することを控えることがコロナの流行を止めるのならば(どうもそうなんだが)オリンピックは鎖国オリンピックしかない。選手は全員自国からリモート出場。100メートル競走もそれぞれの国の国・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。