2021年1月22日号

誰も気づいてないかもしれないが先月すっ飛ばした。ごめんなさい!電波少年Wという番組をスタートしたのだがおそらく最後の仕事になるのではないかと思う。死に場所を与えてもらって本当に有難い。昨年末に友人が立て続けに死んだ。癌で闘病の末もいるし昨日までなんでもなかったのに次の日倒れてそれっきりというケースもあるし精神を病んで自殺した友人もいる。同年代が一気に何人も亡くなると「死」について考えざるを得ない。死について考える事は生きることについて考える事だというのが嫌にリアリティを持って胸に響くというより「住み着く」という感じになる。そんな中、新型コロナで病院に入れずに自宅待機したら容体が変化して亡くなったなんてニュースを頻繁に聞くようになる。『このままだと医療崩壊するぞ!』って1ヶ月前くらいに盛んに言われていたと思うんだが、この今の状況って医療崩壊してるってことだよね。でも「医療崩壊するぞ」という警・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。