「第83回 映画をもう作る必要はない!」

私が大学で一緒に映画を作っていた仲間たちと先週、赤坂で同窓会を開いた。5人の中で二人は東大卒で一人は大企業の海外支店長になり、もう一人は文系だったのにいつの間にか理転し慶應大学医学部の教授となり、早稲田大理工学部の同級生だった友人は広告代理店から大手マーケティング会社を設立しそこのCEOになり、もう一人は女性で還暦過ぎても外資系外食産業の幹部として働いている。私はテレビ局からウェブ会社に移り会社の経営統合で文芸・映画会社で働いている。主な仕事は映画プロデューサーと音声コンテンツの制作と中国ビジネスの開拓である。盛り上がりの内に「また飲もう」と挨拶を交わした後、私と共に早大理工卒となった親友が言った。「もう一杯どう?」その赤坂のバーは人気もなく静かだった。友人Aに勧めたスコットランドのアイラ島のウイスキーを飲むと、マーケティング会社のCEOとなったAが言った。「旨い。初めて飲んだけど、これは・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。