第59回 “意志と表彰としてのバラエティプロデューサー”

今日は6月に出る新刊のタイトル決めリモート会議。皆でうんうん唸った挙句、いいタイトルが突然降りてきた。このアイデアが突然降りてくる感覚、ほんとドキドキする。それまで真っ暗な中を進んでいたのが突然一筋の光明が見えてその先が開ける爽快感!これはきっと売れる(はず)!!脚本家の森下佳子ほか、30年ぶりに逢う友人達と。なので30年ぶりに新たなことをすることにする。https://www.instagram.com/p/CN2cevrDl5B/?igshid=185llr0l9lpuj株式会社百間の代表で、角川武蔵野ミュージアムの館長補佐である和泉佳奈子さんと新しいことを産み出すための作戦会議!キーワードは、リアクターからアクターへ reactor→actor忘れないよ。決して忘れない。忘れられるわけがない。そのためにも、人生を、新しい世界を、荒野を、走り続けるしかないのだ。乗り越えなくて・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。