僕の細道

コラアゲンはいごうまん

僕の細道〜正しい謝罪会見の開き方〜

「木下元都議と宮迫博之の役者の違いです」そう語るのは謝罪のプロ株式会社コミコン代表高橋さん。聞くと2年前の宮迫とロンブー亮の闇営業謝罪会見ほど大成功を収めた例は見たことがないと。高橋さん曰く「会見前の世論は◎宮迫は以前から反社会と繋がりがあったんじゃないのかしかし会見後の世論は◎吉本はそんなパワハラ会社なのか論点を闇営業から吉本のパワハラにすり替えた宮迫の高度なトーク力、演技力には舌を巻きます」その視点で考えると冒頭の言葉も頷ける。宮迫はギャラをもらったのにもらってないと嘘をついたこと、後輩に口止めしたことなど2時間半かけて丁寧に謝罪しつつ間隙を縫って吉本批判を刷り込んでいった。一方木下元都議は謝罪もそこそこに開始10分で「仕事をさせてもらえない理不尽に悩みました」早い〜早い〜もうちょっと寝かせんと免停当て逃げから都議会のイジメ すり替わるか事故物件の遺品整理しながら次の入居者に内見させる・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。