日本語ラップ春秋

ダースレイダー

DARTHREIDER編 六本木ZEUSのオープンマイク

(8月10日配信の「DARTHREIDER編 オープンマイクバトル!」と順番が前後しています。)六本木交差点、アマンドの脇の小道を入って少し行ったところに小さなクラブがあった。当時、六本木にはR-HALLという比較的大きなクラブ、ヴェルファーレのような大箱もあってヒップホップのイベントも様々開催されていた。六本木ZEUSはその中でインディー、アンダーグラウンドなイベント中心のクラブだった。渋谷のファミリーとは出演者の傾向も異なり、独特の雰囲気があったと思う。 イベント情報はとにかくレコード店で得るしかなかった。フライヤーと呼ばれるチラシが店内にたくさん掲示されていてそれを見ながら何月何日にどんなイベントがあるのか?をチェックする。クラブによってはマンスリーフライヤーも発行していて月間の予定を知ることも出来た。フライヤーのデザインもバラエティーに富んでいて出演者がずらっと並ぶ簡素なものからグ・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。