日本語ラップ春秋

ダースレイダー

DARTHREIDER編 ヒデンカ、太朗、阿修羅と出会う。

 DJオショウが遊びに来た時もみんなでラップして遊んでいた。僕らは当時は第3土曜日に渋谷ファミリーで開催されていたFGナイトの常連でそこで友達を作っていた。イーストエンド、ライムスター、メロウイエローによるイベントはいつも満員。朝方になると男たちは上半身裸になり大騒ぎ。今から振り返るとなかなかすごい光景だ。ここで知り合ったのが阿修羅というラッパーだ。甲高い声で早口でラップするスタイル、ドレッドをまとめたルックスだ。彼はシュガーNことノリマキ君というDJと組んでマッドイズムというグループをやっていた。阿修羅もよくうちに遊びに来るようになっていて、オショウが来た時もいた。この日、遊びで作ったテープをオショウにも渡して友達に聞かせてよ!と伝えた。 阿修羅は堀越出身。実は漢a.k.a.GAMIの同級生であり、彼にラップを勧めた人物でもあった。漢の「ヒップホップ・ドリーム」ではノブという名前で登場し・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。