日本語ラップ春秋

ダースレイダー

DARTHREIDER編 E.G.G.MANとの出会い

 前回話したウータン・クラン、先日僕の主催する「ダースレイダー寄席」に出てくれたコント師虹の黄昏の二人が青春です!と語っていて久しぶりにウータン話をしてしまった。ある世代には強力な影響を与えているのは確かだ。 彼女との山形旅行はいろんな意味で濃厚な体験でもあったが東京に戻るとすぐに僕はヒップホップに吸い取られていった。大学は昼前に行って友達と飯を食うくらいの参加具合。この頃から彼女は仕事の付き合いと言って夜も飲みに行くようになる。ある時電話で話してたらすごく退屈な気分になってしまい、話してる途中で電話を切ってしまった。これが決定的だったようだ。同時期に会社の同僚からも口説かれていたようで、ある日約束をすっぽかされた上に向こうが朝帰りするという出来事があった。気づいた時にはすでに遅し。彼女の友達に相談したりしたが雰囲気的には決定的だった。この時、僕は相手のことが好きだったのか?とかをちゃんと・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。