第四十九回

8月15日「北朝鮮ミサイル発射阻止へ連携確認 日米首脳電話協議 安倍晋三首相とトランプ米大統領は15日午前、約30分間、電話協議した。北朝鮮が米領グアム沖への弾道ミサイルの発射を予告している問題について、発射の阻止に向け、日米が緊密に連携する方針を確認した。北朝鮮に圧力を加えるため、中国とロシアの役割が重要との認識でも合意した。(日本経済新聞) 「「撃ち落とさなければ、日米同盟どうなる」外務副大臣」■佐藤正久・外務副大臣(発言録) 北朝鮮から日本の上空を飛び越えてグアムの方へ(ミサイルが)行く。そういう時、日本の自衛隊は本当に撃ち落とさなくていいのか。日米同盟の真価が問われている。リスクを共有しない同盟はない。もしも(北朝鮮からのミサイルが)日本の上空を飛び越え、(日本が)撃ち落とせるのに撃ち落とさず、グアムに被害が出たら、日米同盟はどうなると思うか。皆さんの商売でも、自分が本当・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。