第四十六回

8月6日 またこの日が来た。「戦争反対!」と叫んでいれば、北朝鮮からミサイルが飛んでこないならそんな楽な話はない。私はこれまで口酸っぱく言い続けてきた。「日本に核爆弾とそれを装備して敵国に飛ばす技術があったら広島に原爆は落とされなかった」と。事実、戦後も絶えず戦争はあったが、核装備がある国同士で核攻撃にまで及ぶ戦争に至ったことはない。 きょうは広島で百田尚樹先生の講演がある。タイトルは「世界激変、問われる日本の覚悟! ~国際秩序の崩壊、露わになった「平和の危機」への提言~」。毎年8月6日、日本会議が主催で、広島平和ミーティングを開いている。これまで櫻井よしこ、田母神俊雄元航空幕僚長が講師を務めてきた。さぞや有意義な話が聞けるのだろう。金とヒマがないのが残念だ。  Tad @CybershotTad♯報道特集 桂歌丸さん「戦争を知らない政治家が戦争に触れるなと言いたい。あ・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。