「アイドル」

 大きくなったらモーニング娘。になる。そう思っていた。なりたいとか、なれるかなとか、そういう次元ではなく自然とそうなるものだと思っていた。1歳のときにモーニング娘。が結成されて、3歳のときに「LOVEマシーン」が発売された。物心つくころには当たり前のようにモーニング娘。を聴いていて、いつか自分が歩むべき未来の姿として憧れていた。 石川梨華さんが好きだった。三人祭の「チュッ!夏パ〜ティ」が幼少期の十八番だった。ライブやミュージカルを観に行って、グッズを買ってもらった。保育園にステージを作ってモーニング娘。ごっこをした。小学校で使う文房具もモーニング娘。だった。学童で「娘。物語」を読んだ。鏡に映る自分を見ながら、こっそりモーニング娘。の練習をした。 中学にあがると、AKB48が流行り始めた。わずかにもらえるようになったお小遣いで、アルバム「神曲たち」を買った。人生で初めて”生写真&・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。