死ぬ前に翔べ

萩原正人

第71回 ありがとう。メルマ旬報!

水道橋博士のメルマ旬報が終わる。最終回にふさわしい一本を。会心の一本を書いて終えたい……。どうしても肩に力が入る。会員の皆さんに喜んでもらえる一作を……。最後にふさわしい一筆を……。考えれば考えるほど、迷子。迷走。〆切はとうに超えているのに。うーむ。この数日悶々とした夜を過ごしている。水道橋編集長が怒ってる。原カントくんさんが困ってる。そして、ついに至った境地がある。「書かなきゃいいじゃん」このメルマ旬報で連載を始めるきっかけは、爆笑問題太田さんだ。当時、習作の小説を書いていた。それを太田さんに読んでもらった。すると、「博士に頼んでメルマ旬報に載せてもらえば」と、アドバイスをもらった。えーっ!と、思った。キリングセンスとしてデビューしてから、浅草キッドとはいつも一緒だった。東中野でお笑いライブを開催したり、・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。