出稽古日記 第51回

「Nexusense(ネクサセンス)  柔術& MMA School」 植松直哉先生!修斗元世界1位にして、サンボとブラジリアン柔術でも全日本王者。162cmと小柄ながら黎明期の柔術では世界大会に無差別級で出場、極めの強さで知られた豪傑だ。シュートボクシングやムエタイといった打撃系でもプロの競技経験がある、万能のグラップラーである。高校時代に柔道からサンボに進出、アキレス腱固めを絶対の切り札として柔術の大会でも極めまくり、足首を脇で抱え込む体勢に入ると相手が諦めるほどだった。https://www.youtube.com/watch?v=dLtzgVt7URY古い動画で不鮮明だし膝十字固めが決まり手だが、私が好きなのはこの試合。相手が足首を脇に引き込まれないよう集中し、ラッソー・ガードで防いでいたら、素早く回転して膝を伸ばす。瞬間のやりとりが刀の斬り合いみたいだ・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。