出稽古日記 第46回 

「稽古場漂流記・荻窪道場」 またもや「緊急事態宣言」、である。 さらにその「延長」、である。 いくら延長しても気が緩んではならぬ、という。 そりゃ無理でしょう、あなた。 去年の4月から断続して、どこまでいってもマスクに三密、検温にソーシャル・ディスタンス、シールドにアルコール消毒。県をまたぐな、集まるな、吞むな。気を抜くな、気を抜くな、気を抜くな。やっと波が去ったと言っても、また次の波が来る。  だから気が緩んだんじゃない、と愚考する。飽きただけですよ。多すぎる対策に。この猛烈な飽きに、もう耐えられない。だからどうでもよくなったヤカラは集まるし、吞む。吞んだらさらにどうでもよくなる。 高田馬場や新宿の居酒屋を覗くと、さすがにこれはないなぁ、と思う。自殺行為か?隣の部屋のホステスさんとホストのグループ(?)は、どんちゃんどんちゃん。らんちき騒ぎそのものだ。「のーんでのーんでのんでのんで、のー・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。