出稽古日記 第44回

「ワクチン報告」以前からワクチンを打つかどうか迷っていた。そもそもインフルエンザに対してもワクチンは打たない。なるがまま、罹ったら罹ったで免疫ができるからよし、としている。なので打ちたくなかったが、家族と一緒にいる以上、格闘技の稽古をして罹って帰れば感染する可能性は否定できない。高田馬場で大人数を入れ、騒いでいる飲み屋があるが、そこで仲間と飲んだ翌日は自発的にPCR検査を受けた(陰性だった)。それくらいはしなきゃいかんという気持ちはあるが、それでも仲間とはつい飲んでしまう。それだけにマスク着用を義務づけていない道場からはさすがに足が遠のいている。毎回検査をする気にはなれないから。しかしそれではいつまでも出稽古できないではないか。この連載ではもっといろいろな道場に出向いてみたい。しかしマスク着用をお願いできるほど親しい知人のジム経営者はそう多くない。そこで打つ決意を固めた。私は今年で65歳に・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。