第三三回 宅八郎事件 その一

前回、国際サッカー連盟(FIFA)会長だったジョアン・アベランジェが、ぼくの所属していた「週刊ポスト」を、2002年ワールドカップ招致の「駒」として使ったという話を書いた。 週刊誌にそうした力があったことは、二〇二二年の今となっては現実味が乏しい、かもしれない。 Windows95以前、インターネットが普及するまでは、新聞やテレビよりも小回りが効き、〝庶民〟の劣情に寄り添う週刊誌はメディアの中心にいた。ある週刊誌にスクープ記事を打てば、テレビが後追いし、別の週刊誌が対抗する記事が出す、という具合だ。そんな時代を語る上で、忘れられがちではあるが、ぼくたち当事者にとっては外せない事件がある。 時計の針をぼくがブラジル出張に行く前、94年秋に戻す。 週刊ポスト編集部は、ある男とのトラブルを抱えていた。オタク評論家として売り出していた宅八郎氏である。 きっかけは、92年4月発売の週刊ポスト〈宅八郎・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。