【特別編】真説佐山サトルノート・文庫版加筆

※今月4月20日に発売となる「真説佐山サトル」文庫のため、かつてメルマ旬報で連載していた「真説佐山サトルノート」を復活させます。 重版で修正を入れることを除けば、印刷された自分の単行本を読み返すことはほとんどない。 責了までの過程で嫌ほど、読み返し、修正を入れる。もうゲラを見たくないほど、その世界に没頭する。終わった瞬間、ぼくは頭を次の作品に切り替えるのだ。 理由は幾つかある。 まず印刷された後に読み返すと、直したい箇所を見つけてしまうのが嫌だ、 そしてもう一つ――。 ぼくは小学館の社員編集者時代、多くの書き手を担当していた。中には過去の作品に執着する書き手がいた。酒を飲んだとき、彼らの口からは、作品の取材の思い出話がついて出た。まっとうなノンフィクションを書き上げる労力はとてつもない。その余韻に浸りたい、という気持ちは分からないでもない。しかし、プロフェッショナルな作家にもっとも大切なの・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。