ザ・Xデー

とうとう、この日がやって来ました。いまから10年前のあの日。その光が永久に輝くものと信じて後を追う者を、「修業という条件をクリアするならば」という枷付きで受け入れ続けてくれたあの星が堕ちた日。あの日の思い出を改めてつづるには、とても覚悟が必要な気がします。それは「お前はあれから成長しているのか」という天からの追試のような気さえします。2011年11月21日。その日は、朝から知り合いの新聞記者の方から電話が相次ぎました。毎日新聞の油井雅和記者は、高校の一つ上の先輩でもあり、真打ち昇進以来、佐久市コスモホール館長就任の際なども何度も紙面やネットに取り上げてもらうような間柄でした。そんな油井さんから昼過ぎから着信履歴が相次いでいました。館長業務で市内を回っていたので、返事が遅れてしまい、コスモホールからの帰宅途中の長野新幹線の中から電話を入れました。「すみません、お手数おかけしまして。折り返しま・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。