館長時代のさらなる懺悔録

こうして、談志への思いを振り返りながら、それらに付随する10年前のことを綴らせていただく機会があるというのは、反省と分析というさらなる今後の自分の進歩のための発表、いやもっというと契約の場なのかもしれません。つまり、ここで書いたことは読んで下さる皆様との公開の約束すら思えて来るのです。それほど「書き言葉」にはパワーがみなぎるのです。あの佐久市コスモホールの館長時代というのは、当時県内一の若さで佐久市長だった柳田清二さんの肝入りでもあり、また落語家の立場で地方とはいえ初の公的機関のトップに任命されたのは全国初のことで、そして今までここに記してきたことですが、晩年の師匠に対してもやっとささやかな「恩返し」が出来たのかなという自負も芽生えつつありました。その時、読売新聞の長野支局のZさんという若い記者さんと仲良くなり、「上手くいけば、読売新聞全国版に『顔』のコーナーで掲載したい」との旨で取材を受・・・・・・・・・・

続きをお読みいただくには「会員登録」と「購読申込」が必要です。

毎月500円(税込)で読み放題+電子書籍版でまとめて読める

読み放題+電子書籍で購読

1記事100円(税込)で気になる記事だけ購読記事を単品で購入する

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。
購入した記事は購読一覧で確認できます。