vol.083 「メルマ旬報の新しい幕開け 春爛漫」 - [2016年4月11日発行]



【編集長からのご挨拶】

読者の皆さま

いつも購読してくれて、ありがとうございます!

2012年11月からはじまったこのメールマガジン、
史上最大級を旗印に、かつてない文字量、熱量でお届けすること83回、
連載陣の皆さんや、編集スタッフ、そして読者の皆さんに支えられて、
こうして、めでたく新年度を迎えることができました。

突然ですが、メルマ旬報は変わります!

これまで、読者の皆さまには、
楽しみにしていた人のコラムが載っていなかったり、
あの対談、途中で止まったままだよね?などと、
少なからずガッカリさせてしまったことでしょう。

すべてはボク、水道橋博士の責任です。

もともと、執筆者の人たちへの条件として、
「テーマはなんでもOK」
「原稿の文字数に制限はありません」
「書けないときは原稿を落としても構いません!」
と話していたからです。

今号から、休載はありません!

もちろん、これまでのゆるーい編集方針とは違うので
時にはやむを得ず、休載することがあるかもしれません。

しかし、そんな場合でも、これまでの
【著者都合により休載とさせていただきます】に、プラスα、
何かしら理由を書いていただくことになりました。

それは、数行だったり、写真だけだったり、
もしくは、一言コメントだけになるかもしれませんが、
そんな時は、執筆者がそれぞれに抱えている仕事の方に集中しているのだと、
優しく見守っていただければ幸いです。

そして、連載陣のコラムも、(一部)中身を一新しました。

タイトル、テーマ、ボクからの著者紹介、
変わったものがたくさんありますので、
ゆっくりと、違いを読んでいただければうれしいです。

そして今号だけは、期間限定で(2016年4月11日朝10時~25日朝10時まで)新規入会の方は、無料で読めるキャンペーンを展開します。

ずっと購読してくれていた皆さんには、
ちょっとネガティブな気持ちにさせてしまうかもしれませんが、
連載陣の筆力を広く世間に訴えるためなので、ご了承ください。

さらに、新たな執筆者の発掘や他のメルマガとの提携など、
やれることはやっていこうと思っています!

それでは、「水道橋博士のメルマ旬報」
どうぞ、お楽しみください。


2016年4月10日
編集長・水道橋博士

================
目次
================

【前篇に収録】

1.【博士の愛した靖幸】

2.西寺郷太の『郷太にしたがえ!』

3.樋口毅宏の『帰ってきた、ひぐたけ腹黒日記』

4.山口隆(サンボマスター)『僕の創作ノート』

5.坂口恭平『首相動静~水道橋博士への日記書簡~』

6.竹内義和『変態の流儀』

7.谷川貞治の『巌流島からの手紙』

8.茂田浩司『忘れえぬ人~スポーツライター余話』

9.杉江松恋の『芸人本書く派列伝』

10.柴尾英令の『シネコン至上主義 ――DVDでは遅すぎる』

11.九龍ジョー『九龍ジョーの見廻りノート」』

12.高橋ヨシキの『皆殺シネマ』

13.川野将一の『ラジオブロス』

14.てれびのスキマの『芸人ミステリーズ』

【中篇に収録】

15.柳田光司の『武史』

16.シンデレラエキスプレス渡辺裕薫 『上方演芸レジェンド~シンプレ漫才 夜明け前』

17.碇本学の『碇のむきだし』

18.兎丸愛美『旬刊うさまるまなみ』

19.マキタスポーツの『マキタスポークス~どこぞの誰かへ』

20.サンキュータツオの『お笑い文体論』

21.『プチ鹿島の思わず配信してしまいました!!』

22.やきそばかおるの「会いに行ける偉人」

23.マッハスピード豪速球 ガン太の『ハカセー・ドライバー』

24.エムカク『明石家さんまヒストリー』

25.弁護士角田龍平の『メルマ遵法』

26.立川吉笑『現在落語論~落語立川流2016~』

27.ダイノジ 大谷ノブ彦のラジオ旬報

28.木村綾子『彼方からの手紙~匆々~』

29.モーリー・ロバートソン『Into The 異次元』

【後篇に収録】

30.松崎まこと『映画活動家日誌~“田辺系”先物買いガイド』

31.松原隆一郎『東大でも暮らし~柔道部松原教授のサブ・テキスト~』

32.伊賀大介『好漢日記』

33.酒井若菜の『くよくよしたって始まる!』

34.荒井カオル『LIVE or DIE』

35.相沢 直の『みっつ数えろ~ができるまで』

36.ユウキロック『芸人迷子~終わってる、いや終わってない~』

37.萩原正人『死ぬ前に翔べ』

38.リリー・フランキー『著者都合により、休載しませんでした。』

39.土屋敏男『MY LIFE VIDEO(をいつか作るための原案)』

40.角田陽一郎 『オトナの!キャスティング日誌』

41.吉川圭三の『メディア都市伝説』 

42.斉藤守彦『2016年 映画館物語』

43.スージー鈴木『1984年の歌謡曲』

44.園子温『アイウエオ詩』

45.『博士の異常な日常』

編集後記

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~これより後はメルマガでお楽しみください~
  
編集長/著者:水道橋博士

水道橋博士のメルマ旬報

著者:編集長/著者:水道橋博士

価格:500円/月 (税込)

発行:月3回(毎月10日/20日/30日)発行

最新発行日:2016年4月11日

メルマガ購読を申し込む
定期購読 500円/月額(税込)※ログインもしくは新規入会が必要です

6か月分一括購入を申し込む
Vプリカ利用3,000円

芸人・水道橋博士が「編集長」に就任し、本人自ら、過去メルマガ史上に無い過剰な規模と熱量で配信中です。本人の毎回3万字を越える日記『博士の異常な日常』、岡村靖幸との対談『博士が愛した靖幸』以外にも、40人規模にもわたる豪華執筆陣(どんどん増殖中)が徒然なるまま絶賛連載中ー。

とにかく目指すのは『大人のコロコロコミック』、『子どもの文藝春秋』超大ボリューム。津田大介さんより「日本最大メルマガ」のお墨付き!空前絶後のスケールでお届けします。

文量から考えるに、普通にテキストメールで読むのはたぶん無理!スマートフォンの方向けに電子書籍感覚で簡単に読めるePub版を毎号、用意しておりますので、スマホの方には激しくePub版での購読を推奨します。

編集担当:原カントくん(@harakantokukett)

・新規定期購読をお申し込み時には、過去の最新号がもれなく配信されます!
・バックナンバー販売もあります。1号あたり250円。(paypal払いのみ)

▼超簡単にePub形式で読む方法(動画)

▼ePub版を読む方法(図解)
こちら

水道橋博士のメルマ旬報をはてなブックマークに追加 水道橋博士のメルマ旬報をYahoo!ブックマークに追加
メルマガ定期購読の申込み方法
  • BOOKSTANDのアプリ アイコン
    BOOKSTANDのアプリ(無料)
    iPhone版 / Android版 
    とっても便利!ニュースや映画部、メルマガが楽に読めるアプリはこちらから

BOOK STANDプレミアム

  • 編集長:酒井若菜
    marble
    女優の酒井若菜が編集長となり、女性たちだけで新たに創刊するWEBマガジン『marble』。
  • 著者:ダンカン
    ダンカンの『人生は落書き・・・さ』
    たけし軍団のダンカンさんしか語れないエピソードからご自身の身辺日記まで、徒然なるままお届けさせていただきます!
  • 著者:髭男爵 山田ルイ53世
    髭男爵 山田ルイ53世のメールマガジン「貴族のメルマガ」
    芸人・髭男爵が毎週1回にお届けするメールマガジン。メールマガジンでありながら、テキストのみならず、髭男爵の音声コンテンツなどをお届けしてまいります。
  • 著者:かもめんたる
    週刊かもめんたるワールド
    メールマガジンでありながら、もはやテキストにこだわらず映像と音声で彼らのコント、コラム、撮り下ろし映像をお届けしてまいります。
  • 著者:エレキコミック
    エレキコミックの「エレマガ。」
    完全スマホ対応の「観る・聴く・読む」全部入りハイブリッドメールマガジン。ここだけの彼らの秘蔵映像、コラム、トークなどなど。
  • 編集長/著者:水道橋博士
    水道橋博士のメルマ旬報
    水道橋博士が「編集長」に就任して、過去、メルマガ史上に無い規模と内容と熱量で送るメールマガジン。
  • 著者:プチ鹿島
    プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!
    「時事芸人」プチ鹿島が圧倒的なキレとコクで「メルマガ芸人」も目指す毎週更新のコラム集。
  • 著者:マキタスポーツ
    マキタスポーツの週刊自分自身
    メジャーとマイナーの境界にいる僕は今、自らを実験台としてリアリティショーを生きる。他じゃ絶対書かないとこまで、踏み込む。マジで。
  • かもめんたる
    かもめんたるの映像コンテンツ
    かもめんたるの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期限なし1500円(税込)と「週刊かもめんたるワールド」定期購読者価格700円(税込)の2つからお選びいただけます。
  • エレキコミック
    エレキコミックの映像コンテンツ
    エレキコミックの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期間が1ヶ月間(31日間)の500円コースと期限なしの1000円コースの2つからお選びいただけます。
  • 著者:萩原智子
    萩原智子『魂のファイトめし』
    元水泳メダリストの萩原智子さんが毎回いろんな一流アスリートと"食事"をテーマに対談していくメールマガジン。
  • » 有料メルマガ一覧