連載
杉山すぴ豊の、アメキャラ映画パラダイス

第52回 ついにリリース!「MARVEL VS. CAPCOM: INFINITE」の魅力とは?

SDCCで行われた「マーベルVSカプコン:インフィニット」パネル(発表会) Photo by 杉山すぴ豊

『スパイダーマン:ホームカミング』『ワンダーウーマン』の公開も一段落しましたが
(でもまだまだ絶賛上映中なので観にいきましょう。映画、日本語、IMAX、4DXといろいろなバージョンを楽しみましょう!)
福岡ではマーベル展http://marvel.disney.co.jp/exhibition.htmlが展開されていますし、
秋の夜長にピッタりのアメコミ・ヒーロー ドラマ「インベージョン! 最強ヒーロー外伝」https://warnerbros.co.jp/tv/invasion/
Netflix「ディフェンダーズ」、
そしてゴーストライダー登場の「エージェント オブ シールド」http://www.wowow.co.jp/detail/110471も登場!
アニメ「フューチャー・アベンジャーズ」
http://dlife.disney.co.jp/program/marvel_starwars/future_avengers.html
も放映中! 翻訳本も続々リリースとまだまだアメコミで楽しめます!

そして秋の夜長で"アメコミる"のにピッタリなのがこれ!
ついに「MARVEL VS. CAPCOM: INFINITE(マーベル VS. カプコン:インフィニット<MVCI>)」が9月21日リリースされます。

『スパイダーマン:ホームカミング』の時に、本作のアドシネ=劇場で流れるCMがかかっていたので観た方も多いのでは?
これはマーベルのヒーロー・キャラとカプコンの「ストリートファイターⅡ」や「モンスターハンター」「バイオハザード」「ロックマン」等のゲームに出てくるキャラ同士を戦わせることが出来る格闘ゲームです。

カプコンさんというのは日本にアメコミ文化を根付かせた立役者の一人です。
90年代に米製のX-MENのアニメが日本で放送されときの番組スポンサーで。それが縁でX-MENやマーベル系のゲームをリリース。ゲームセンター(アーケード)や海外で人気を博し、"マーベルもの"はカプコンさんにとってもドル箱コンテンツになりました。そしてその延長でマーベルのキャラとカプコンのキャラを戦わせるゲーム、マーヴル VS. カプコン=マヴカプが生まれたのです。(当時MARVELはマーヴルと表記されていたので)

そして満を持しての最新作「マーベルVSカプコン インフィニット(MVCI)」です。
予告や登場キャラは公式サイトhttp://www.capcom.co.jp/mvci/で確認していただくとして(なおこのゲームはこの先ダウンロードで使えるキャラも増えていきますよ)
今回のMVCIが今までと違うのは、ストーリーがあることなんです。今までのシリーズは"なんとなく2つの世界のキャラを戦わせることが出来る"だったんですが、今回は大きな世界観があって、マーベルの世界とカプコンの世界が、あることをきっかけに融合してしまい、結果、マーベルとカプコンの世界のヒーロー同士、ヴィラン(悪役)同士が手を組んで・・みたいな流れです。

僕は今年のサンディエゴ・コミコン(SDCC)で、このMVCIのパネル(発表会)に参加したのですが、ゲームのプロデューサーが、マーベルもカプコンもストーリーや世界観を大事にするコンテンツなのでキャラのコラボだけではなく、物語的なことも融合させたかったと言っていました。

IMG_4320.JPG


その象徴が、今回のゲーム上のボスキャラ的ヴィランである、ウルトロンΣ(シグマ)。ウルトロンはアベンジャーズ映画2作目『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』にも登場した機械生命体。Σはカプコンの人気ゲーム「ロックマン(海外ではメガマンと言います)」シリーズの強敵です。こいつも機械人間系=レプリロイドで、2つの世界が融合した時、お互い機械人間だから、有機体の肉体を持つ者=つまり人間とかが嫌いということで意気投合、合体しちゃうわけです(笑)

IMG_4327.JPG


面白いのはゲームのステージ設定が、やっぱりマーベルとカプコンの世界が融合した舞台となっていて、
*マーベルの「マイティ・ソー」の故郷アスガルド王国と「ロックマンX」のアベル・シティが融合しXgard(Xガード)
*マーバルの「ブラックパンサー」(映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で最後にキャプテンたちが匿われるアフリカの国)の故郷ワカンダと「モンスタハンター」のバルバレ村が融合してValkand(バルカンダ)
*マーベルの『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のノーウェア(映画だとコレクターはここにいました)と「ストライダー飛竜」のザ・サードムーンが融合してKnowmoon(ノウムーン)
*マーベルの悪の組織A・I・M(映画『アイアンマン3』に設定を変えて登場)と「バイオハザード」のアンブレラ社が融合してA・I・Mbrella(エイムブレラ)
というわけです。
凝っているでしょう?
SDCCでお披露目になったA・I・Mbrellaの映像演出では、スパイダーマンと「バイオハザード」のクリスという"ソニーピクチャーズつながり"のキャラが共演していましたから(笑)

またこのゲーム・シリーズはこれからマーベル・シネマティック・ユニバースで紹介されるキャラが登場するのも話題で、11年発売の「マヴカプ3」の時は、14年の映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』を見越してロケットが登場していました。今回はなんといっても19年ブリー・ラーソン出演で映画化される"キャプテン・マーベル"の勇姿が。
http://www.capcom.co.jp/mvci/character/captain-marvel.html#

さらに次の『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー』で描かれるハズのインフィニティ・ストーンおよびインフィニティ・ガントレットも登場! まさにカプコンさんが作ったインタラクティブなアベンジャーズ映画と言ってもいいでしょう!
なのでマーベル好きなら押さえておきたいゲームの一つだし、また格闘ゲーム苦手な人でもガチャガチャいじってたら、必殺技が出たりと楽しいのです!
レッツ プレイ!

(写真・文/杉山すぴ豊)
※写真はSDCCのMVCIのパネルの様子

« 前の記事「杉山すぴ豊の、アメキャラ映画パラダイス」記事一覧次の記事 »

杉山すぴ豊

アメキャラ系ライターの肩書きで、アメコミ・ヒーロー映画やSF、モンスター映画についての伝道活動を、雑誌、TV、WEB等で展開。 映画「アメイジング・スパイダーマン」「アベンジャーズ」の劇場パンフレットにも寄稿しています。映画「サラリーマンNEO劇場版(笑)」にCMクリエーター役でなぜか出演。 AOL等でもコラム展開中。
また人気と評判の(笑)ブログはこちら http://supi.wablog.com/

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム

  • 編集長:酒井若菜
    marble
    女優の酒井若菜が編集長となり、女性たちだけで新たに創刊するWEBマガジン『marble』。
  • 著者:ダンカン
    ダンカンの『人生は落書き・・・さ』
    たけし軍団のダンカンさんしか語れないエピソードからご自身の身辺日記まで、徒然なるままお届けさせていただきます!
  • 著者:髭男爵 山田ルイ53世
    髭男爵 山田ルイ53世のメールマガジン「貴族のメルマガ」
    芸人・髭男爵が毎週1回にお届けするメールマガジン。メールマガジンでありながら、テキストのみならず、髭男爵の音声コンテンツなどをお届けしてまいります。
  • 著者:かもめんたる
    週刊かもめんたるワールド
    メールマガジンでありながら、もはやテキストにこだわらず映像と音声で彼らのコント、コラム、撮り下ろし映像をお届けしてまいります。
  • 著者:エレキコミック
    エレキコミックの「エレマガ。」
    完全スマホ対応の「観る・聴く・読む」全部入りハイブリッドメールマガジン。ここだけの彼らの秘蔵映像、コラム、トークなどなど。
  • 編集長/著者:水道橋博士
    水道橋博士のメルマ旬報
    水道橋博士が「編集長」に就任して、過去、メルマガ史上に無い規模と内容と熱量で送るメールマガジン。
  • 著者:プチ鹿島
    プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!
    「時事芸人」プチ鹿島が圧倒的なキレとコクで「メルマガ芸人」も目指す毎週更新のコラム集。
  • 著者:マキタスポーツ
    マキタスポーツの週刊自分自身
    メジャーとマイナーの境界にいる僕は今、自らを実験台としてリアリティショーを生きる。他じゃ絶対書かないとこまで、踏み込む。マジで。
  • かもめんたる
    かもめんたるの映像コンテンツ
    かもめんたるの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期限なし1500円(税込)と「週刊かもめんたるワールド」定期購読者価格700円(税込)の2つからお選びいただけます。
  • エレキコミック
    エレキコミックの映像コンテンツ
    エレキコミックの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期間が1ヶ月間(31日間)の500円コースと期限なしの1000円コースの2つからお選びいただけます。
  • 著者:萩原智子
    萩原智子『魂のファイトめし』
    元水泳メダリストの萩原智子さんが毎回いろんな一流アスリートと"食事"をテーマに対談していくメールマガジン。
  • » 有料メルマガ一覧