もやもやレビュー

ガールズトークは女性を強くする!『ゲス・フー 招かれざる恋人』

ゲス・フー 招かれざる恋人 (特別編) [DVD]
『ゲス・フー 招かれざる恋人 (特別編) [DVD]』
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
1,028円(税込)
商品を購入する
>> Amazon.co.jp
>> LawsonHMV

 ネクスト・ジム・キャリーとも呼びたいくらいコメディで実力発揮しまくりのイケメン俳優、アシュトン・カッチャー。彼が主演のラブコメディ『ゲス・フー 招かれざる恋人』を今回はご紹介します。本作、実は少々扱いづらい"人種差別"というテーマを描いた作品なのですが......。

 サイモン(アシュトン・カッチャー)は、恋人テレサの両親に挨拶に行くと約束した矢先、上司にクビ宣告されてしまいます。そこで彼は、テレサに無職の事実を隠したまま両親の元へ行くことに。しかし、サイモンにはもう一つ後ろめたいことが。それは自分が白人だということ。黒人のテレサとは人種の壁を超え愛し合っているものの、彼女の両親に理解してもらえるか不安で仕方ありませんでした。一方、テレサの父親パーシーは、事前にサイモンを調査。ヤリ手の証券マンだから大丈夫だと言い聞かせていたものの、不安が消えることもなく......いざサイモンに出会った時、パーシーはショックを受けます。それはスマートな白人だったから。サイモンの何もかもが気に入らないパーシーの機嫌を取るため、サイモンは必死で努力します。

 そんなサイモンとパーシーのドタバタ劇の裏側で、呆れ返る女性陣。サイモンは無職になったことがテレサにバレてしまい、一方のパーシーは銀婚式のスピーチが思いつかず、参考書から引っ張り出そうとしているところを妻マリリンにバレてしまいます。それぞれに怒ったマリリンとテレサは、そろって家を飛び出します。

 その後、母と娘、そして女友達をまじえたガールズトークが繰り広げられるのですが、それがまた"強い"。テレサはサイモンからの留守電が15回も入っていることを知り、掛け直そうとしますが、みんな全力でそれを阻止します。「彼を待たせるべきだわ!」。女性が集まると本当に強くなるなと実感。そんなガールズトークを見ていると、男のダメな部分に悩んでうじうじしている時間がもったいなく感じると同時に、国籍も年齢も関係なく、女性にはガールズトークが必要だと思いました。

 留守電を無視されまくっているサイモンもまた可愛い。甘える声を出してみたり、逆に怒ってみたりと、あらゆる手を使ってテレサに電話に出てもらえるように頑張ります。なんか、男の人って単純で可愛いな。と上から目線で男性を観て楽しむこともできる本作。

 最後はなんだかんだで素敵なエンディングが待っているので、これから結婚を考えているカップルが一緒に見ると笑えるかもしれません。特に今国際結婚が増加傾向にあるので、そんな人たちにもおすすめです。

(文/トキエス)

« 前の記事「もやもやレビュー」記事一覧次の記事 »

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム