インタビュー

人見知りでも出不精でも行きたくなる映画イベントや、旬の映画ニュースをお届けします。

見るだけじゃない映画との関わり方って? 「これからの"映画の見せかた・届けかた"講座」が2月に開講!

横浜みなとみらい・BUKATSUDO 「これからの“映画の見せかた・届けかた”講座」開講!

BUKATSUDO 「これからの“映画の見せかた・届けかた”講座」(2/12開講・全5回)は、現在、受講申し込み受付中です。

映画好きにとって、映画の魅力をほかの人にも知ってほしい!と思う気持ちは必然。そんな気持ちを本気で成就するための後押しをしてくれる、大人のための「映画講座」がスタートします!

横浜・みなとみらいの造船ドック跡地にある、大人のためのシェアスペース「BUKATSUDO」。そこで開催される講座「DO SCHOOL」で、「これからの"映画の見せかた・届けかた"講座」が2月12日に開講(全5回/定員20名)。講師は映画プロデューサー/批評家/翻訳家の松井宏氏。現在受講申し込みを受付中とのことで、気になる方は、ぜひ、下記をご一読してみてください。

***

「これからの"映画の見せかた・届けかた"講座」

「映画を見ること」から、「映画を見せること・届けること」へ、一歩踏み出してみませんか。もう少しだけ深く、映画と関わってみませんか。
この講座は、そのためのちょっとした知識やアイデア、そして行動する勇気を、受け取ってもらえることを目指します。

「映画を見せること・届けること」と聞いてまず頭に浮かぶのは、映画の上映会を企画することでしょう。ある切り口を考えて、上映プログラムを決めるのです。もちろんそこから、具体的な作業がいろいろあります。映画会社から作品を借りたり、会場を選んだり、トークゲストを選んだり、チラシやHP、SNSでの告知......。でもやっぱり、いちばん大事なのは「なにを、どう見せるのか」です。

そして、ここで言う「映画を見せること・届けること」とは、けっして上映会を開催することだけを指しません。たとえば映画についてのミニコミ誌をつくるのだって、そうです。
どの映画を紹介するかのプログラムを組む、そしてどう紹介してどう論じるかの切り口を見つける。それは上映会を企画する際の頭の使い方とまったく同じです。それもまた「映画を見せること・届けること」のひとつなのです。

そのためにどこかの配給会社や編集部に入る必要なんて、まったくありません。
仕事や学校の空いた時間で、アイデアと情熱でもって、仲間たちと一緒に動き出せば、わたしたちは「映画を見る」から「映画を見せる・届ける」へと、踏み出すことができます。「見る」だけでは得られない、映画との関わりが可能になるはずです。

講義では、実際に「映画が好き」から出発して、映画の上映会を開催したり、ミニコミ誌をつくったり、という方々をゲストに招き、実際のあれやこれやを聞いていきます。「なにを、どう見せるか」のアイデアの生まれ方や、どんな具体的な作業があるのかなど、大事な学びが得られるはずです。

最終日には、受講者それぞれによる「想像の映画上映会」のプログラムをつくってもらい、発表してもらいます。もちろん、いずれその上映会(あるいは上映会にとどまらないあらたな企画)を実現させることが、この講座の本当の最終目標です。


【講師】
松井宏(まつい ひろし)
映画プロデューサー、批評、翻訳。雑誌「NOBODY」元編集委員。訳書に『エクスペリメンタル・ミュージック~実験音楽ディスクガイド』(F・ロベール著、共訳、NTT出版)、『モンテ・ヘルマン語る~悪魔を憐れむ詩』(M・ヘルマン、E・ビュルドー著、河出書房新社)など。プロデュース作品に『Playback』『THE COCKPIT』(三宅唱監督)、『5windows eb』『5windows is』(瀬田なつき監督)など。


【カリキュラム】
◆第1回 2/12(日)17:00~19:00
イントロダクション
映画を見せることとは? ~もう少しだけ深く映画と関わってみよう~
ゲスト:岩井秀世氏(映画宣伝)

◆第2回 2/19(日)17:00~19:00
映画について語り合う場
ゲスト:月永理絵氏(雑誌「映画横丁」「映画酒場」編集人)
https://www.facebook.com/eigasakaba/

◆第3回 3/5(日)17:00~19:00
おもしろい映画上映会って、どうできるの?
ゲスト:降矢聡氏(グッチーズ・フリースクール教頭)+グッチーズ・フリースクールのメンバー
http://gucchis-free-school.com/

◆第4回 3/12(日)17:00~19:00
「マイクロシアター」の多様性
ゲスト:大高健志氏(popcorn、MotionGallery)
https://popcorn.theater/
https://motion-gallery.net/

◆第5回 3/26(日)17:00~19:00
課題「想像の映画上映会」発表&最優秀企画選定
※講座終了後、最優秀発表の上映会を実現させられるよう、模索します。


【受講料(全5回)】
28,000円(税込)
連続講座を受講される方には、受講期間中(2/12~3/26)にBUKATSUDO のコワーキングスペースをいつでもご利用いただける特別パスをご用意いたします。

※学割 20,000円(税込)
映画業界や映画に関する学びを探している大学生・大学院生の方、ぜひこちらのチケットをお選びください。(開講初日に、受付にて学生証をご提示いただきます)


【定員】
20名
※最少催行人数:6名(開講6日前までに、開講可否をご連絡いたします)


【お申込み】
http://movie.peatix.com/

« 前の記事「ニュースとイベント」記事一覧次の記事 »

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム

  • 編集長:酒井若菜
    marble
    女優の酒井若菜が編集長となり、女性たちだけで新たに創刊するWEBマガジン『marble』。
  • 著者:ダンカン
    ダンカンの『人生は落書き・・・さ』
    たけし軍団のダンカンさんしか語れないエピソードからご自身の身辺日記まで、徒然なるままお届けさせていただきます!
  • 著者:髭男爵 山田ルイ53世
    髭男爵 山田ルイ53世のメールマガジン「貴族のメルマガ」
    芸人・髭男爵が毎週1回にお届けするメールマガジン。メールマガジンでありながら、テキストのみならず、髭男爵の音声コンテンツなどをお届けしてまいります。
  • 著者:かもめんたる
    週刊かもめんたるワールド
    メールマガジンでありながら、もはやテキストにこだわらず映像と音声で彼らのコント、コラム、撮り下ろし映像をお届けしてまいります。
  • 著者:エレキコミック
    エレキコミックの「エレマガ。」
    完全スマホ対応の「観る・聴く・読む」全部入りハイブリッドメールマガジン。ここだけの彼らの秘蔵映像、コラム、トークなどなど。
  • 編集長/著者:水道橋博士
    水道橋博士のメルマ旬報
    水道橋博士が「編集長」に就任して、過去、メルマガ史上に無い規模と内容と熱量で送るメールマガジン。
  • 著者:プチ鹿島
    プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!
    「時事芸人」プチ鹿島が圧倒的なキレとコクで「メルマガ芸人」も目指す毎週更新のコラム集。
  • 著者:マキタスポーツ
    マキタスポーツの週刊自分自身
    メジャーとマイナーの境界にいる僕は今、自らを実験台としてリアリティショーを生きる。他じゃ絶対書かないとこまで、踏み込む。マジで。
  • かもめんたる
    かもめんたるの映像コンテンツ
    かもめんたるの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期限なし1500円(税込)と「週刊かもめんたるワールド」定期購読者価格700円(税込)の2つからお選びいただけます。
  • エレキコミック
    エレキコミックの映像コンテンツ
    エレキコミックの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期間が1ヶ月間(31日間)の500円コースと期限なしの1000円コースの2つからお選びいただけます。
  • 著者:萩原智子
    萩原智子『魂のファイトめし』
    元水泳メダリストの萩原智子さんが毎回いろんな一流アスリートと"食事"をテーマに対談していくメールマガジン。
  • » 有料メルマガ一覧