インタビュー
映画が好きです。

Vol.21 朝倉加葉子さん(映画監督)

オールタイムベストは『悪魔のいけにえ』。2も3Dも好きだけど、1が一番好き!

 音楽ライターの田家大知さんが、2012年に手探りでスタートさせた6人組ニューウェーブアイドルグループ「ゆるめるモ!」が、なんと、ついに映画初主演! 題して『女の子よ死体と踊れ』。もともとのファンはもちろん、彼女たちを初めて知る人も、映画を観たあとは、きっとゆるめるモ!ちゃんたちを応援したくなってるはず。メガホンをとったのは、残虐描写たっぷりの本格スラッシャー映画『クソすばらしいこの世界』(2013)で長編映画デビューを飾った、朝倉加葉子監督! 次世代ホラーを担う美しいお姉様が、どんな風にゆるめるモ!とコラボったのか!を、聞いてみました。
 ※ちなみに来週は、『女の子よ死体と踊れ』主演のゆるめるモ!のメンバーのインタビューをお届けする予定です!

──脚本も手掛けている朝倉監督。ストーリーや世界観は、どのように着想を得ましたか?

「ゆるめるモ!でホラーを撮りませんか?というのが、初めの依頼でした。で、実際に彼女たちを改めて見て、どんな話なら彼女たちの魅力を表現できるのかな?といろいろ考えた結果、「死体!」だと(笑)。純粋なホラーというよりは、死体の女の子と一緒に冒険に行く映画にするのがいいのではないかと思ったんです」


──死体役はあのさんが演じていますが、初めから彼女が死体と決めていましたか?

「メンバーのみなさんに一人ずつ会わせてもらって、いろいろお話をする中で、あのちゃんが死体に向いてる......と思ったわけではなくて(笑)。あのちゃんの瞬発力が、この役には向いてるんじゃないかなと思いました」

main.jpg

死体を演じる、ゆるめるモ!のあのちゃん。

──撮影が始まる前と終わったあと。メンバーに変化はありましたか?

「もねちゃんは、これの前にも一本映画に出ていますが、基本的にはみんな映画出演は初めての体験だったと思います。なので、初めは映画の撮影がどのように行われるのかを知ってもらうようなところからのスタートでした。撮影はみんなで山に籠もって5日間ぐらい。吸収も早いし、撮影を重ねるごとに、どんどんやりやすそうになっていっているように見えました。わりと頭から順番通りに撮っていったので、彼女たちが役者として変化していく様子も、映画を通して見て頂けるかもしれません」

shitai_sub_1.jpg

山籠もりについては、次週、ゆるめるモ!のメンバーからも語られます。お楽しみに。

──山中での合宿はかなり過酷だったそうですが?

「天候に恵まれ、とても寒くて大雨が降り、本当にけっこう散々で......(笑)。雨がめちゃめちゃ降ってしまって、シナリオや設定を変えなければならなくもなりました。でも一番きつかったのは、私含め、主要スタッフ4人ぐらいのiPhoneが、雨ざらしのポケットの中で水没したことかな。山の中で、あいつはどこいったー! わかんなーい!って(笑)、そんな混乱状態が帰ってくるまで続きまして、東京に戻ってからも片付けなどで忙しいスケジュールの合間に、おのおのアップルストアに行く予定を組み込まなくてはならないという、辛い日々でした(笑)」

ylmlm_0058.jpg

朝倉監督のiPhoneは復活したようです。

──最後に、朝倉監督の好きな映画はなんですか?

「オールタイムなら『悪魔のいけにえ』です。2も好きだし、3Dも好きなんですが、1が一番好きです。ホラー映画だけど、ホラー映画じゃないみたいというか。生々しくて、まるで自分も映画の中にいるような感じがするんです。
 最近だと、スペインの『MAMA』というホラー映画が、自分の中でバカ当たりしましたね。スペイン版リングのような話なんですが、森の中で育った姉妹がいて、発見された時は言葉もしゃべれなくて狼少女みたいな感じなんです。その子たちの親戚にあたる人たちが引き取るんですが、どうやら森の中でちゃんと誰かに育てられていたみたいだと。それは一体誰なのか......。ホラーとしてちゃんと怖いんですけど、非常にハートウォーミングで、超感動する映画です」

朝倉加葉子監督、ありがとうございました!

(撮影/中野修也 取材・文/根本美保子)

***

『女の子よ死体と踊れ』
10月31日(土)よりシネマート新宿、11月14日(土)よりシネマート心斎橋、名古屋シネマスコーレ、12月5日(土)より仙台・桜井薬局セントラルホール、12月12日(土)より広島・横川シネマ、12月19日(土)より福岡・中洲大洋映画劇場ほか全国順次公開!

監督・脚本:朝倉加葉子
主演:ゆるめるモ!(もね、けちょん、しふぉん、ようなぴ、あの、ちーぼう)
配給:日本出版販売
2015/日本映画/70分

公式サイト:http://ymm-film.com
©2015 YOU'LL MELT MORE!Film Partners

shitai_sub_2.jpg

« 前の記事「映画が好きです。」記事一覧次の記事 »

朝倉加葉子(あさくら・かよこ)

東京造形大学卒業後、TV制作会社勤務を経て映画美学校を修了。2010年、TVドラマ『怪談新耳袋 百物語』の一篇『空き家』で商業デビュー。2013年に初長編となる全編アメリカ撮影のスラッシャーホラー『クソすばらしいこの世界』が全国各地で公開された。また同年の短編『HIDE and SEEK』が現在も各国の映画祭で上映中。2014年にドラマ『スマホラー劇場 悪魔召喚』、また2015年にドラマ『リアル鬼ごっこライジング 佐藤さんの正体』などを監督。

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム

  • 編集長:酒井若菜
    marble
    女優の酒井若菜が編集長となり、女性たちだけで新たに創刊するWEBマガジン『marble』。
  • 著者:髭男爵 山田ルイ53世
    髭男爵 山田ルイ53世のメールマガジン「貴族のメルマガ」
    芸人・髭男爵が毎週1回にお届けするメールマガジン。メールマガジンでありながら、テキストのみならず、髭男爵の音声コンテンツなどをお届けしてまいります。
  • 著者:かもめんたる
    週刊かもめんたるワールド
    メールマガジンでありながら、もはやテキストにこだわらず映像と音声で彼らのコント、コラム、撮り下ろし映像をお届けしてまいります。
  • 著者:エレキコミック
    エレキコミックの「エレマガ。」
    完全スマホ対応の「観る・聴く・読む」全部入りハイブリッドメールマガジン。ここだけの彼らの秘蔵映像、コラム、トークなどなど。
  • 編集長/著者:水道橋博士
    水道橋博士のメルマ旬報
    水道橋博士が「編集長」に就任して、過去、メルマガ史上に無い規模と内容と熱量で送るメールマガジン。
  • 著者:プチ鹿島
    プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!
    「時事芸人」プチ鹿島が圧倒的なキレとコクで「メルマガ芸人」も目指す毎週更新のコラム集。
  • 著者:マキタスポーツ
    マキタスポーツの週刊自分自身
    メジャーとマイナーの境界にいる僕は今、自らを実験台としてリアリティショーを生きる。他じゃ絶対書かないとこまで、踏み込む。マジで。
  • かもめんたる
    かもめんたるの映像コンテンツ
    かもめんたるの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期限なし1500円(税込)と「週刊かもめんたるワールド」定期購読者価格700円(税込)の2つからお選びいただけます。
  • エレキコミック
    エレキコミックの映像コンテンツ
    エレキコミックの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期間が1ヶ月間(31日間)の500円コースと期限なしの1000円コースの2つからお選びいただけます。
  • 著者:萩原智子
    萩原智子『魂のファイトめし』
    元水泳メダリストの萩原智子さんが毎回いろんな一流アスリートと"食事"をテーマに対談していくメールマガジン。
  • » 有料メルマガ一覧