インタビュー
映画が好きです。

vol.01 荻野可鈴さん(夢みるアドレセンス)

『トイ・ストーリー』は「3」がベスト

ティーン誌『ピチレモン』のカリスマモデルを経て、現在は現役女子中高生6人のアイドル音楽劇グループ「夢みるアドレセンス」のリーダー。大きな瞳に超小顔、そして類い希なるハイテンションさも魅力な現役女子高生アイドル・荻野可鈴さん。来年には女優として映画に初主演! そんな彼女に、好きな映画を聞いてみました!

──大のディズニーファンだそうですが、ディズニー映画の中で特に好きな作品は?

 『WALL・E』と『トイ・ストーリー』ですね! 『WALL・E』は、主人公のウォーリーのおバカさ、抜けてる感じが好きなんです。でも最後のシーンはテンションがおかしくなってしまうほど感動的。ヤバイです。ディズニー映画はだいたいラストシーンがヤバイんです!


──『トイ・ストーリー』は3までありますが、どれが一番好きですか?

 全部観ていますが、私の中では間違いなく3です! あれを観てから、おもちゃや人形を捨てられなくなっちゃったんです。人形にも気持ちとかがあるのかなぁ?って考えさせられまして。ものを大事にするようになりましたね。
 私、ディズニーだけでなくてアニメ全般も好きなんです。『映画 けいおん!』は前売り券を買って映画館に観に行きました。私も『映画 けいおん!』のメンバーと同じ高校生なんですけど、高校に全然行けてなくて青春ができてないんです。だから映画を観て、自分も青春したような気分になれました。足りない青春を補えた!って感じです。


──映画館は行きますか?

 なかなか行かないですね。観たいのがなければ1年ぐらい行かないこともあります。最近映画館で観たのは『スノーホワイト』。アクションとかがすごくて、観ていて普通に楽しめましたけど、内容はちょっと難しくてわけがわからなかったです......。
 
──どんな時に映画を観たくなりますか?

 ついでなんです。レンタル屋さんにCDを借りに行く時に、ついでに楽しそうなものを探してます。だいたいディズニーのところから探すんですけど。で、借りたらその日に観ちゃいますね。

_MG_0873.JPG

──来年公開の『ぼくが修学旅行に行けなかった理由』では初の主演に挑戦されましたが、撮影の思い出はありますか?

 撮影は4日間泊まり込みでやりました。静岡で3日、東京で1日と、かなり詰め詰めのスケジュールで大変だったんです。それにキャストが女の子だけだったので、初めはどうなるかなって心配もしてました。でも現場は......いい人たちばっかり! やってて楽しかったし、学校よりもそこで青春ができたって感じでしたね。緊張はありましたけど、監督さんもすごく優しくて、女優としても勉強させていただきました。表情も大事だけど、気持ちから作ることも大事だなって、改めて思いました!

──好きな女優さんは?

石原さとみさんです。演じるキャラクターによって全然違って見えて、見ていて楽しいです。女優としての憧れの人でもあります。でも一番好きなのは、バラエティに出ている時のほわっとした素の感じ。とにかくかわいくって! ビジュアルそのものが好きなんですよね。

──このサイトのコンセプトは「友達がいない人のための映画サイト」なんですが、荻野さんは友達多そうですよね、明るいし!

私、意外と友達いないです! マジでいないです! 思いつく中では、親友が2人で、友達が5人とかかなぁ......。

──親友2人に友達5人(笑)。......親友と友達の線引きって何なんですか?

親友はけっこう頻繁に連絡をとりあったり、よく会いに来てくれる人。といっても2人だけど(笑)。普通の友達は、連絡はとらないけど会ったら仲良くできるかな?っていう人。ほんと連絡をとらなすぎて、友達なのかすらもよくわからないですけど、自分の中では友達だと思ってます。

──人見知りはするタイプ?

 人見知りは全然しないですね。でも、相手を観察......というかどんな人なのかを見てから話しかけるタイプんです。もちろん初めての人にも挨拶もするし話もするんだけど、最初は壁1枚ぐらい入れといて、いい人だと思ったら心を開く感じかな。だから、仲良くなったあとで、最初はほんとに怖かったってよく言われるんです。人を見てる間は、変なオーラが出ちゃってるんじゃないですかね。

──最後に、友達がいない人へメッセージをお願いします!

 友達は人数が多くなくてもいいと思うんですよ、私は! ほんとに頼れる人とか、連絡をたまにでもとる人が2〜3人いれば全然いい! しかも今の時代、友達がいなくても、他にいろいろあるんで(笑)。テレビとか、ゲームとか、映画とか! 楽しいものがたくさんあるので、大丈夫です。私も友達いないし! でも、こんなに元気だから! みなさんも、元気に明るく楽しく、やってきましょーーーーーーー!

(撮影/ササキトモヒロ、取材・文/根本美保子)

« 前の記事「映画が好きです。」記事一覧次の記事 »

荻野可鈴(おぎの・かりん)

11995年山梨県生まれ。現役女子高生アイドル、女優。ピチレモン専属モデル(ピチモ)として12歳でモデルデビュー。2010年ミス週刊ヤングジャンプ。現在、国民的大女優を目指す下積みガールズユニット「夢みるアドレセンス」のリーダーを務める。夢みるアドレセンス「秘密基地」公演 第3回(10月14日/表参道GROUND)のチケット絶賛発売中! 詳しい情報は、夢みるアドレセンス公式サイトにて
http://yumeado.com

BOOKSTAND

BOOK STANDプレミアム

  • 編集長:酒井若菜
    marble
    女優の酒井若菜が編集長となり、女性たちだけで新たに創刊するWEBマガジン『marble』。
  • 著者:ダンカン
    ダンカンの『人生は落書き・・・さ』
    たけし軍団のダンカンさんしか語れないエピソードからご自身の身辺日記まで、徒然なるままお届けさせていただきます!
  • 著者:髭男爵 山田ルイ53世
    髭男爵 山田ルイ53世のメールマガジン「貴族のメルマガ」
    芸人・髭男爵が毎週1回にお届けするメールマガジン。メールマガジンでありながら、テキストのみならず、髭男爵の音声コンテンツなどをお届けしてまいります。
  • 著者:かもめんたる
    週刊かもめんたるワールド
    メールマガジンでありながら、もはやテキストにこだわらず映像と音声で彼らのコント、コラム、撮り下ろし映像をお届けしてまいります。
  • 著者:エレキコミック
    エレキコミックの「エレマガ。」
    完全スマホ対応の「観る・聴く・読む」全部入りハイブリッドメールマガジン。ここだけの彼らの秘蔵映像、コラム、トークなどなど。
  • 編集長/著者:水道橋博士
    水道橋博士のメルマ旬報
    水道橋博士が「編集長」に就任して、過去、メルマガ史上に無い規模と内容と熱量で送るメールマガジン。
  • 著者:プチ鹿島
    プチ鹿島の思わず書いてしまいました!!
    「時事芸人」プチ鹿島が圧倒的なキレとコクで「メルマガ芸人」も目指す毎週更新のコラム集。
  • 著者:マキタスポーツ
    マキタスポーツの週刊自分自身
    メジャーとマイナーの境界にいる僕は今、自らを実験台としてリアリティショーを生きる。他じゃ絶対書かないとこまで、踏み込む。マジで。
  • かもめんたる
    かもめんたるの映像コンテンツ
    かもめんたるの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期限なし1500円(税込)と「週刊かもめんたるワールド」定期購読者価格700円(税込)の2つからお選びいただけます。
  • エレキコミック
    エレキコミックの映像コンテンツ
    エレキコミックの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期間が1ヶ月間(31日間)の500円コースと期限なしの1000円コースの2つからお選びいただけます。
  • 著者:萩原智子
    萩原智子『魂のファイトめし』
    元水泳メダリストの萩原智子さんが毎回いろんな一流アスリートと"食事"をテーマに対談していくメールマガジン。
  • » 有料メルマガ一覧